Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENTS
OTHERS
 
音楽、本、映画などの感想をメモしています。
<< アドルフに告ぐ | main | デトロイト・メタル・シティ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | prev | next |
ブラザー・サン シスター・ムーン
評価:
---
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
¥ 1,380
(2006-11-02)
JUGEMテーマ:映画


江原さんの人生を変えた映画ということで、アマゾンで購入して観ましたー。

絵画のように美しい映像とドノバンの美しい音楽、
物語としての説明はあまりないのです。

フランチェスコのかつての親友たちが
「あいつは狂ってしまった。関わらないほうがいい。」
と言って見捨てていたのに、
フランチェスコの言葉をそのまま
権威に向かって勇気を出して言ったとき、涙が止まりませんでした。

フランチェスコのような聖人の心域までは私はとうてい到達できそうにないです。
俗世間にまみれた小市民の私には、親友たちの心情のほうが
よりリアルに感じられたのでしょう。

友人が正しいと心の中で感じていても、
自分の家族や生活を捨てることは凡人にはとても難しいことです。
それでも彼等は心の中の良心に従ったのですね。。

ローマ教皇はフランチェスコの足にキスをしましたが
その後結局また金ピカの袈裟を着て王冠をかぶって見送るだけか〜い!
というツッコミを入れてしまうラストでした。。

宗教と権力が結びつくと全くロクなことがありませんな。。

小鳥のように生きたいとフランチェスコは言いましたが、
欲にまみれた人間より動物のほうがよっぽど神に近いと私も思います。
| movie | 16:10 | comments(0) | prev | next |
スポンサーサイト
| - | 16:10 | - | prev | next |