Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENTS
OTHERS
 
音楽、本、映画などの感想をメモしています。
<< 陽だまりの樹 | main | 春の雪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | prev | next |
死の向こうへ
 JUGEMテーマ:アート・デザイン

横尾さんの「死」に対する人生観のエッセイです。
横尾さんは子供の頃から「死の香り」がするものに惹かれてたそうですが
私もそうなので、すごく共感できる部分が多かったです。
例えば江戸川乱歩とか三島由紀夫とか髑髏とか、、、

私も子供の頃は「自分はどこからきて、死んだらどこへ行くのか」って
いつも寝る前とかに考えてて、自分の意識というものの存在がすごく不思議に感じられて
集中して考えていると、自分の名前や性別や国籍とか人種とか全く感じられなくなって
このまま考えつづけたら気が狂ってしまうんでないかと恐くなって
これ以上考えるのをやめて寝るようにしたりしてました。

子供の頃から漠然とそういうものはあるんだと思ってたけど
大人になってスピリチュアル関係の本をいろいろ読むようになってから
魂の存在や死後の世界を確信するようになって、
カルマの法則とか、いろいろ理解できるようには、なってきました。

私も横尾さんと同じく、できれば今生が最後にしたいものですが、
輪廻から解脱できるように何か実践できているかといえば全く自信は無く。。。
何かというと「今度生まれ変わったら、、、」という仮定でものを考える癖がついていたり。。
まだまだ修行の道は長そうです。。。




| book | 10:26 | comments(0) | prev | next |
スポンサーサイト
| - | 10:26 | - | prev | next |