Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENTS
OTHERS
 
音楽、本、映画などの感想をメモしています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | << prev | next >> |
火の鳥
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


言わずと知れた手塚先生の代表作ですが。。

これもブッダと同じく20歳くらいのときに友人から借りて読んで
いろんなところでリンクしているストーリーがすごく面白いと思いました。
で、最近大人買いで全巻揃えて再度読んでみたのですが、、

「手塚治虫は神!!!」

のひとことにつきます。。
この本なら子供にも読ませたいので、我が家にずっと置いておこうと思います。
そしてこれから死ぬまでに10年に一度は読み返したい作品。

手塚先生の作品が読めるこの時代の日本に産まれてきたことに
感謝です。


| comic | 11:16 | comments(0) | prev | next |
釈迦と女とこの世の苦
評価:
瀬戸内 寂聴
日本放送出版協会
¥ 872
(2006-10)
JUGEMテーマ:日記・一般


寂聴さんもそうだと思うのですが
女ってのは業が深いですよね。。
でも私は今度生まれ変わってもやっぱり女がいいです。

この本はお釈迦様のお母さん、養母、嫁、
その他救いを求めてやってきた女性たちの人生を
寂聴さんがインドのその地を訪れたときの思い出とともに
わかりやすく書いています。

手塚治虫先生のブッダを読んでいたせいもあって
その女性たちの人生をありありと思い浮かべることができました。

あとがきに横尾忠則さんが書いてたんですけど
女性が苦しむのはやはり愛する人との別れですよね。
特に子供に先立たれてしまったら私は生きていく自信が無いです。。
が、それは愛ではなく、「情」なのだと。
相手に依存して束縛しているだけなのだと。
「愛」とは相手を自由にしてあげることなのだと。

そうか、、、と目から鱗でした。
でも頭で分かったとしても、ままならないのが「情」ってやつですよね。
「情」をコントロールできなければ悟りの境地は無理なんだろうな。。
寂聴さんは時間が苦しみを癒してくれると書いてあったけど
これから長生きしていくうちに「情」をコントロールできるようになるといいな。。
| book | 15:34 | comments(0) | prev | next |
デトロイト・メタル・シティ
JUGEMテーマ:映画


去年の夏は見事にDMCにハマリまして
映画館に6回も通ってしまいました。
私が同じ映画を何回も観るなんて非常に稀なことなのですが
DMCのライブシーンがめちゃめちゃカッコ良くて、
ライブに通う感覚でしたね。(同じアーティストのライブには何回も通ったりする)
この臨場感は映画館で大スクリーンで爆音で聴かないとダメでしょう!って感じで。

原作のマンガももちろん面白かったのですが
松ケンのクラウザーさんにヤられました(殺害されました)ね!!
ちょ〜〜〜〜〜〜カッコイイ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

あーーーーーエキストラに参加したかったなーーーーーーーー
DMC2とか作ってくれないのかなーーーー
サタニックエンペラーとかフェスでロケして欲しいなーーーー

あと舞台でミュージカルとかにして欲しい。
もちろん主演は松ケンで。

| movie | 15:24 | comments(0) | prev | next |
ブラザー・サン シスター・ムーン
評価:
---
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
¥ 1,380
(2006-11-02)
JUGEMテーマ:映画


江原さんの人生を変えた映画ということで、アマゾンで購入して観ましたー。

絵画のように美しい映像とドノバンの美しい音楽、
物語としての説明はあまりないのです。

フランチェスコのかつての親友たちが
「あいつは狂ってしまった。関わらないほうがいい。」
と言って見捨てていたのに、
フランチェスコの言葉をそのまま
権威に向かって勇気を出して言ったとき、涙が止まりませんでした。

フランチェスコのような聖人の心域までは私はとうてい到達できそうにないです。
俗世間にまみれた小市民の私には、親友たちの心情のほうが
よりリアルに感じられたのでしょう。

友人が正しいと心の中で感じていても、
自分の家族や生活を捨てることは凡人にはとても難しいことです。
それでも彼等は心の中の良心に従ったのですね。。

ローマ教皇はフランチェスコの足にキスをしましたが
その後結局また金ピカの袈裟を着て王冠をかぶって見送るだけか〜い!
というツッコミを入れてしまうラストでした。。

宗教と権力が結びつくと全くロクなことがありませんな。。

小鳥のように生きたいとフランチェスコは言いましたが、
欲にまみれた人間より動物のほうがよっぽど神に近いと私も思います。
| movie | 16:10 | comments(0) | prev | next |
アドルフに告ぐ
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


今日読み終わりました!

戦争の悲惨さを再確認するのはもちろんのこと、
あらためて教育の重要さを痛感しました。
あの可愛かった少年(アドルフ・カウフマン)が、あんなになってしまうなんてねぇ。。
全国の小学校、中学校の図書館に置くべき本ですな!

子供の頃からずっと不思議に思っていた
中東がなぜいつも戦争ばかりやっているのか、
今さらですが初めて少し理解しました。
現在のイスラエルが建国されたいきさつとか。。
そりゃ現地に住んでたアラブの人たちからしたら侵略ですもんね。。

戦争はもちろん反対だけど
自分の親や子供が目の前で殺されたりしたら
相手だけでなく、相手の国や人種まで呪うようになってしまうんだろうなぁ。。
この手で復讐してやりたいってのが人情だよね。。
私は平和主義者だけど、自分がその立場になったとき
非暴力を貫けるかと言われれば、、、自信は無いです。
特に子供を持ってからは、自分の子供を守るためなら何でもするかもな、、と思ってしまいます。
それは小我の愛だと分かってはいますが。。
汝の敵を愛することは普通無理ではありますが。。
受け入れ、許すことは努力すればできるのでしょうか。。

世界が大我の愛に包まれて平和でありますように。。
| comic | 10:22 | comments(0) | prev | next |
フラガール
評価:
李相日
ハピネット
¥ 1,784
(2008-02-08)
JUGEMテーマ:映画


今ごろですが、DVD購入して観ました〜。
公開当時も映画館に観に行きたかったのですが、
まだ子供が産まれたばかりだったもんでねぇ。。

去年の年末からホットフラを始めたのですが
ド素人なもんで、ちょっとでも上手になりたいな〜と
教則本と一緒に購入したんですよ。

でもフラのシーンはあんましなかったですね。。
最後のタヒチアンダンスは素晴らしかったですが、
この年ではあんな激しい系はもう無理だよな〜〜〜

松雪さんはDMCの社長役がめちゃめちゃカッコ良かったのですが
こっちの先生役も良かったな〜〜〜DMCの社長と通じるものがあった!

しずちゃんの演技も泣けましたが、私はやっぱりお母さんがストーブ集めに行ったのが泣けました。あと豊川悦司みたいなお兄ちゃん、理想だよね〜〜〜。

ハワイ行きたいけど、お金ないから
とりあえず今年はハワイアンズに行こうかな。


| movie | 15:29 | comments(0) | prev | next |